1. HOME
  2. ブログ
  3. 新城市設楽原歴史資料館(しんしろししたらがはられきししりょうかん)

新城市設楽原歴史資料館(しんしろししたらがはられきししりょうかん)

新城と言えば、火縄銃を用いた戦法で戦国時代の分岐点となった「長篠・設楽原の戦い」。資料館では、戦国の行方を決める、文字どおりの決戦となったこの合戦の経緯、火縄銃の果たした役割などを展示しています。
そして、時は幕末、貿易立国日本の先駆者で、日本開国の基となった日米修好通商条約調印の立役者でもある岩瀬忠震を紹介。
ともに、時代のうねりをリアルに感じることができる、歴史好きにはたまらないスポットです。